駅頭演説スケジュール

    © 北原ともあき 中野区議会議員 オフィシャルサイト All rights reserved.

    民間の力を活用し、行政サービスのスリム化と質の向上を実現

    インターネット時代となり、情報化がますます進んでいます。しかし、こうした時代にあって、区役所職員の数が変わらないようであってはなりません。

    これまで私たちは、少しずつ職員数を減らしてきました。現在、中野区は2000人態勢です。しかし、区のサービス全体で見れば、もっとたくさんの人たちが携わっています。民間にできることは民間に任せ、民間の競争原理を活かしながら、より質の高いサービスをより少ない財源で行なう方向で、これに中野区は取り組んできましたがまだまだ不十分で、更なる努力を進めていかなくてはなりません。

    また同時に、民間委託や民営化がサービス低下につながることのないよう、引き続き手を緩めることなく注視し、議会での質問・発言も今後さらに続けて行きます。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    東京オリンピック・パラリンピックを成功させて、 区民の多くがスポーツを楽しみ、健康で長生きする社会を!

    2020年に合わせて、中野の新体育館も建設を進めていくということになっています。海外チームの選手が新しい中野体育館で練習するということ…

    若者の政治参加

    2016年夏の参議院選挙から18歳以上に選挙権が引き下げられました。この選挙では18才の若者の投票率は非常に高いものでした。世間的にも…

    民生委員が不足しています

    民生委員は厚生労働省の委嘱を受けている大変立派な仕事です。それだけに相当苦労も伴うと思いますが、民生委員の皆さんがいることによって、ど…

    「地域の見守り支えあい」をはじめとした地域活動にご参加を!

    いろんな自治体から中野区に視察に来られるのですが、その一番の目的は「地域の見守り支えあい」という中野区の重要な施策です。これは一人暮ら…

    地域の問題Q&A

    今回は皆様からよく寄せられる質問にお答えします! Q 中野区役所移転後のサンプラザとの一体整備の話はどうなるの? …

    ページ上部へ戻る