駅頭演説スケジュール

    © 北原ともあき 中野区議会議員 オフィシャルサイト All rights reserved.

    10年後の中野のために しっかりとした財政確保と自治体経営


    中野区は、今年、新しい基本構想と、10年後の街づくりのための10か年計画を策定する年となっています。中野区が持続的に発展していくためには、しっかりと財源を確保して、後世にツケを残さない自治体経営がますます大切になってきます。

    かつての革新区政であった中野区は、過剰な福祉が優先される時代があり、その結果、財源不足という大きなツケを残しました。田中大輔区長の区政になって少しずつ回復を続け、現在では確かな財政再建を果たしましたが、今後は中野区の区有施設の老朽化対策、高齢化に伴う医療費増加対策など、新たな財源の確保の必要性が予想されています。

    そのため、中野区の発展のためには、中長期的な視点に立った財政運営が最も必要になります。さまざまな施策があり、できるだけ多くのことを実現したいわけですが、その事業に伴うツケを次の世代に残してはなりません。この点は、最も注意して取り組まなければならない課題であると思っております。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連記事

    東京オリンピック・パラリンピックを成功させて、 区民の多くがスポーツを楽しみ、健康で長生きする社会を!

    2020年に合わせて、中野の新体育館も建設を進めていくということになっています。海外チームの選手が新しい中野体育館で練習するということ…

    若者の政治参加

    2016年夏の参議院選挙から18歳以上に選挙権が引き下げられました。この選挙では18才の若者の投票率は非常に高いものでした。世間的にも…

    民生委員が不足しています

    民生委員は厚生労働省の委嘱を受けている大変立派な仕事です。それだけに相当苦労も伴うと思いますが、民生委員の皆さんがいることによって、ど…

    「地域の見守り支えあい」をはじめとした地域活動にご参加を!

    いろんな自治体から中野区に視察に来られるのですが、その一番の目的は「地域の見守り支えあい」という中野区の重要な施策です。これは一人暮ら…

    地域の問題Q&A

    今回は皆様からよく寄せられる質問にお答えします! Q 中野区役所移転後のサンプラザとの一体整備の話はどうなるの? …

    ページ上部へ戻る